コミュニケーションの一つ

看護師も一人の女性として、病院の中でも身だしなみの一つとしてのおしゃれは大切なことですよね。
素敵な看護師に優しく声をかけられると、患者さんも心が弱っている時だけに元気が出るもの。
ですから、病院という場所を考えてそこに適するものならおしゃれも楽しんでいいでしょう。

また、看護師は朝から晩まで、目の回るように忙しい仕事です。
そんな中で、おしゃれはちょっとした気分転換にもなります。
普段長い髪の毛の女性が仕事の時に束ねたりする際でも、様々なアレンジがあります。
ヘアスタイル一つでも変幻自在にできますよ。
更に束ねる物もいろんな種類をと持っていれば、色一つで気分も違ってきます。
そして、メイクも軽く口紅やリップはした方が、医師や他の職員、そして同僚などからも好感を持たれるでしょう。
髪を振り乱しながら真剣に働く姿も、時には人の心を打つものがありますが、やはり基本はきれいにして素敵な姿でいることが大切。
周りの方も気分も良くなりますからね。

看護師同士、おしゃれについてどんな方法があるか、あるいはどんなグッズがあるかなど会話が弾むきっかけにもなるはずです。
日常からのこうした会話が連帯感を生み、いざというときの大切な場面においても協力して臨むことができるものです。
連帯感があれば、ナースステーションが一体感を持って同じ目標で患者に接するようにがんばろうという気持ちにもしてくれるでしょう。
こういういい雰囲気作りが出来れば、働きやすい職場になるはずですよ。