業務に支障が出ない範囲で

女性ならおしゃれを楽しみたいものですよね。
ただ、仕事によっては自由におしゃれを楽しむことができないものもあります。
看護師は、まさにその代表例ではないでしょうか。
看護師は、患者さんの体に触れることもある仕事です。
注射をするシーンでは手元の細かい作業が重要になるので、爪を伸ばすことは基本的には規則で禁止されています。
患者さんの体に傷をつけてしまう可能性もありますし、最悪の場合には医療ミスを引き起こしてしまうケースも考えられるからです。
これは、職業柄仕方ないことでしょう。

同様に、視界や表情を隠してしまうダウンヘアや濃いメイクもNGです。
このあたりは規則で禁止はされていないことも多いですが、患者さんにいい印象を与えませんからね。
最低限のレベルで留めておかないと、看護師長から注意を受けて、最悪のケースではクビを宣告されてしまうこともあるでしょう。

このような状況下では、できるおしゃれは限られていますよね。
ですから、私物の小物に凝ってみるなど、業務に支障が出ない範囲でおしゃれを楽しみましょう。
業務に支障が出ない範囲でなら、いくらでも個性をアピールできますよ。
案外そうした部分は多いですから、看護師の情報サイトなどで他人はどうしているのかチェックしてみてはいかがでしょうか。
思わぬところで個性をアピールできるかもしれませんよ。
もちろん、仕事以外のところではいくらでもオシャレができますから、プライベートな時間は好きなように楽しみましょう。
ちなみに、私のおすすめサイトはこちら>>>おしゃれ好き女性のための情報サイト